ベビーマッサージのやり方のページを説明

ベビーマッサージのやり方

生後3ヵ月までに見られる「三ヶ月コリック」にも効果があるといわれるベビーマッサージですが、
特に「必ずこうしなければいけない」という方法はありません。


ただ、新生児の肌は非常に弱く、敏感です。


ですので、マッサージを行う際には、ベビーマッサージオイルをたっぷりと使って、 余計な刺激を肌に与えないようにしましょう。


オイルもつけずにゴシゴシとこすってはいけません。

お母さんの肌と赤ちゃんの肌の摩擦で、荒れてしまうことがありますので、 優しく「触れる」という感覚が良いと思います。



マッサージする場所、順番はまったく決まっていません。
赤ちゃんがその時にとっている体勢からはじめましょう。


例えば、横向きに寝ていれば、背中からマッサージしてもOK。
仰向けになっていれば、おなかからでも手からでもOK。


その時とっている体勢が赤ちゃんにとって心地よい体勢なので、わざわざ動かす必要はありません。



触れるときは、優しく、そして「こうすると気持ちいいだろうな」と思えるようにマッサージしましょう。


気持ちいいと思うポイントは赤ちゃんごとに違いますので、
わが子の反応を良く見て、感じてください。


赤ちゃん自身も、マッサージになれてくると、
自分から「ここをやって」という風に意思表示してくるようになります。


ママは指先で触れるのではなく、手の平全体で触れてください。
指先だけになると、指圧のように力の加減が難しいです。
手の平全体でゆっくりと大きくマッサージしましょう。


あくまでもリラックス効果を呼ぶもので、凝りをほぐすためのものではありません。