胎教の種類のページを説明

胎教の種類

どうせ胎教をするのであれば、本当に効果があるものを実践したいところですね。
できれば3ヶ月コリックにも効くようなものが好ましいですが、どのような種類があるのでしょうか。


実際、インターネットで検索してみると、さまざまな種類の胎教があります。
どれもビジネスですので、ほとんど有料です。


中でもCDや本などがたくさんあります。
ここで、胎教を選ぶ際のポイントを私の経験からお話させていただきたいと思います。



まず、一人目妊娠の際、私はとにかく「母と子の絆が太くなるような胎教!」と思っていました。


また、胎児の脳によさそうな胎教も・・・と探して、 結局、モーツアルトの音楽お腹をトントンと叩きっこをする胎教になりました。


実際、この胎教の効果があったかどうかは、まったくわかりません。


モーツアルト効果で、娘の脳がどうなっているかなど知る由もなく、
お腹の叩きっこは当時楽しんでいただけなので、果たして胎教効果があるかどうか・・・。



ただ、女の子ということで非常に手がかからなかったというのは事実でした。


3ヶ月コリックもまったく経験していませんし、
夜泣きという夜泣きも生後2ヶ月までで、以降は夜起きることはありませんでした。


これが胎教の効果なのかは疑問ですが・・・。



今回、胎教について調べてみると、
とにかく「経験者の声」というが多く掲載されている場合があります。

  • 「他の子とちょっと違う」
  • 「運動神経が発達した」
  • 「言葉が早い」
  • 「記憶力が良い」

など、さまざまなお母さんの声が掲載されていることがあり、鵜呑みにしてしまいそうです。


しかし、じっくりと考えると、他の子とちょっと違うと感じるのは、どの母親も一緒です。


子供にも一人ひとり個性がありますから、違って当たり前ですし、
運動神経の発達も個人差があります。


よほどオリンピックに出るようになるならば別ですが、
それ以外であれば親の遺伝子的なこともあると思います。


言葉に関しても、結局は小学校頃には読書に関係してくる部分が大きいので、
胎教効果は2-3歳が限界だと思います。


などと考えていくと、本当に効果のある胎教というのがわからなくなってきますね。



ちなみに、私は今二人目を妊娠中ですが、
今回の胎教にはアメリカの胎教「ベビープラス」をチョイスしようと思っています。


やはり効果を実感するのは母親である自分なので、
自分がもっとも信じられる胎教や、「やってみたい」と思えるものを選びたいですね。