叩くなら、近づかないのページを説明

叩くなら、近づかない

3ヶ月コリックのように、激しく長時間泣かれると、
親として困惑すると同時に、徐々にイライラが募ってきます。


  • 「寝ている時は天使のようなのに、ひとたび泣きはじめると手がつけられない」
  • 「親なのに、泣いているわが子に近づくことすらためらう時がある・・・」

私も、こんな風に思う時がありました。



母親なのに、泣き止ませることができないもどかしさを感じると、 どんどんナーバスになっていって、泣いているわが子と一緒に泣いてしまうことも。


それほどまでに3ヶ月コリックなどのように、 赤ちゃんが激しく泣くというのは、母親の神経に触れるものなのです。


ですので・・・
思わず手をあげたくなったり、ついカッとして叩いてしまったという方も少なくないと思います。



生後間もない赤ん坊に手をあげたところで、何のしつけの意味もなく、
その行為はただ痛めつけるためのものであり、怒りをぶつけたにすぎません。


それをもちろん知っていながら、どうしても手が出てしまう・・・。


  • 憎くて叩くわけではないのです
  • 嫌いなのではないのです
  • ダメだと知っていても止められない時は、実際にあることです

ですので、叩いてしまった時、自分を責めるのではなく、まずは赤ちゃんから離れることです。



目の前に泣いている赤ちゃんがいるからイライラしてしまうし、叩いてしまうのです。
ですので、その行為を止めるためには、わが子に近づかないことです。


そして、一旦ゆっくりと気持ちを整理してみましょう。
それから赤ちゃんを抱き上げてください。


またイライラして気持ちがカッとなりそうになったら、赤ちゃんから離れましょう。


泣いていても大丈夫。
「それが赤ちゃんの仕事」と少々割り切ることも大事です。