ぐずった時の対策は?のページを説明

ぐずった時の対策は?

赤ちゃんはぐずるものです。
特に1歳までの赤ちゃんは、親からみても「意味不明」なぐずりが多々あるものです。


3ヶ月コリックも、定義はある程度決まっていますが、泣く【理由】については、正確にはわかっていません。


専門家ですらまだまだ解明することができない赤ちゃんの脳や仕組みを、 母親一年生のママが、いくら我が子だからといって、すぐに理解できるわけがありません。


毎日毎日「どうして泣くの?」「何がイヤなの?」という 疑問ばかりを持ってしまうのは当然のことなのです。



特に、赤ちゃんと朝から晩まで一対一の生活をしていると、ママに大きなストレスが溜まります。
行き場のないイライラ感は、実はパパにはなかなかわかってもらえません。

  • 赤ちゃんへのストレス
  • パパにわかってもらえないことへのストレス
  • 「良いママ像」とのギャップに悩んだり・・・

赤ちゃんは何も話しませんので、実はママの話し相手には不十分。


女性は話すことでストレスを発散している場合が多いので、
話し相手がいないこともかなりのストレスになります。
そこへきて、わが子がぐずりだすと・・・。



できるだけ思い詰めず、楽しみながら育児をするためには、
サークルや友達などと頻繁に会う機会を作ることです。


赤ん坊も一緒ですので、朝から晩までとはいきませんが、
午前中だけのおしゃべりもかなりの気分転換になります。


なかなか相談できないささいな悩みも、実はほかのママも同じように抱えています。
それを知っただけでも心が軽くなるもの。


赤ちゃんのぐずりだけではなく、育児全体を通して、
「楽しい育児」はママが外でストレスを発散させる場を作ることが必要なのです。