胎教で3ヶ月コリックがない赤ちゃんに?のページを説明

胎教で3ヶ月コリックがない赤ちゃんに?

胎教が非常に見直されています。


胎教とは、その名の通り「胎児への教育」です。


教育とは言っても、授業のようなことをするわけではなく、
お母さんが胎児に話しかけたり、音楽を聞かせたりするだけです。



胎児は常に子宮の中で、お母さんの心臓の音と血液が流れる音を聞いています。
「ゴー」という音の中で約10ヶ月を過ごします。


ですので、外から聞こえる話し声や音などは、 「ゴー」の後ろから聞こえるという感覚で、鮮明に聞こえることはありません。


退治にとってこの「ゴー」という血液が流れる音は非常に心地よいもので、
実は3ヶ月コリックはこの血流音を求めて泣くという説もあります。



さて、このような子宮の環境の中、実際に胎教として推薦されている方法はさまざまあります。


まず有名なのが「音楽を聞かせること」です。


モーツアルトは退治の脳に良いとされていて、
オーケストラなどによって実際に妊婦を対象にしたコンサートなども催されています。



次に「お母さんの声を聞かせる」ことです。


常にお母さんの声が胎児に聞こえてはいますが、意識して、「胎児に話しかける」ことをすると、 コミュニケーション能力がつくこと、また、母親の声を早くから認識することができるというのです。



また、今アメリカで話題になっていて、日本にも上陸した胎教で
「ベビープラス」というものがあります。


これをすると夜泣きが少なく、3ヶ月コリックもない赤ちゃんになると評判のようです。


◆これが噂の・・・胎教グッツ

>>ベビープラス


私も現在二人目を妊娠中ですが、
もっとも興味のあるこのベビープラスはやってみようと思っています^^